あゆみ

nm特許は、才能や経験などと関係なく誰もがピアノを譜面を読む道具として使いこなせるようになるための新しいピアノメソッドを開発しているなかで生まれました。

脳内にピアノ鍵盤のイメージをしっかりと持つことがピアノ習得にとって大きなファクターであることがわかったからです。

例えば、従来の五線譜の音符を見て、自動的に脳内で鍵盤位置のイメージが思い浮かぶようになると、鍵盤をほとんど見ないで譜面を見ながら弾いていけます。
これは読譜力を向上させていくために欠かせないスキルとなります。

そこでnとmという文字を黒鍵グループに見立てることによって、容易に鍵盤位置をイメージできるというnmメソッドを開発しました。

これにより、音名や指先の動きだけの記憶よりも、より覚えやすく忘れにくい鍵盤位置の記憶ができます。

また、ピアノでのさまざまな音階の習得、コードの習得などを効率的に行えるようになります。

nとmだけで鍵盤を表現することに違和感や慣れないことを新たに覚えることへの抵抗感があるかもしれません。
しかし、脳内で見たままの鍵盤のイメージを思い浮かべることはとても難しいです。

nとmという図形に単純化させることで、それが黒鍵グループと一致していることに慣れるだけで、簡単に鍵盤からnm、nmから鍵盤への読み替えはすぐにできるようになります。

特別な才能や訓練は必要ありません。

経験や年齢などに関係なく、誰もがピアノを楽しめるひとつの方法となっています。

そうした教育面のメリットだけでなく、nとmという図形に単純化させること自体が、ピアノの譜面を自由に図案化できるという特徴も合わせてもちます。

ぜひ、nm特許がもたらす世界にご参加いただければと思います。