ホーム

 

ようこそ えぬえむ楽譜へ

2018年、アメリカ(1月)と日本(2月)で特許を取得した「えぬえむ楽譜(nm楽譜)」についてお知らせするページです。

シンプルだけに強力で応用範囲の広い技術です。

この特許はピアノの黒鍵のグループをn字(黒鍵2個)とm字(黒鍵3個)という図形として認識させ、白鍵を含むすべての鍵盤をn字とm字の図形との位置関係で表示する技術です。

 
n字やm字に図式された黒鍵は、鍵盤地理を把握するランドマークとして働き、学習者は脳内での鍵盤イメージを作ることが容易になります。

ピアノの経験がまったくない人にとっても「鍵盤をこんなふうに押さえていけば音楽が紡げる」と直観的に理解ができる鍵盤用の楽譜となっています。

背景のnやmだけで鍵盤を表せるのでデザイン的にも幅広く応用できます。

Scene 1

場面1…グッズや絵本、アプリなどへの展開

nm楽譜は、基本の表現がシンプルなので、楽譜としての情報を失わないまま、さまざまなデザイン展開が可能です。

たとえばマグカップに音楽の1節をプリントしてみましょう。

名付けて「猫ふんじゃった」カップです。

nとmがピアノの黒鍵なので、図を上から猫の足跡や顔や全身が乗っているところを音符だと思って上から下に弾いていく楽譜になっています。

これを五線譜で表すと次の2通りになります。

先のマグカップを横向きにすると、nmでの譜面と五線譜の音符の並びが同じような図形として見ることができます。つまり、nmでの譜面と通常の五線譜を並べて見せることで、誰でも鍵盤と五線譜が図式的に対応していることことが直観的に理解できます。この感覚はあとで五線譜の読み方を学ぶときに大きなアドバンテージになるでしょう。

このようにnとmの譜面は教育的な効果を持つわけです。しかもnとmという単純な図形要素を基準に表せるので、さまざまな曲に対してデザイン的な展開が幅広くできます。
例えば、ショパンのワルツやノクターンの有名な曲の1節や、モーツァルトのピアノソナタの1節など、曲調に合わせたデザインで、「見てすぐにピアノが弾ける」グラフィックが作成できます。

もちろん流行りの曲の楽譜も、著作権の許諾を得ることで商品化が可能となります。アーティストのプロモーション用グッズなどにもよいでしょう。

プリント可能あればTシャツ、タオル、ハンカチ、トートバッグなどどんな商品でも「音楽があふれだす」商品づくりが可能となります。

ショップでの商品展示においても、お客様に「この模様はなんでしょう?」といった問いかけができるPOPを置くことで、お客様どうしのコミュニケーションによって売れる商品などの展開ができます。

たとえば、マグカップ、ランチョンマットの組み合わせで曲が続いていくといったシリーズやセットものの商品も構成できます。

また、幼児用に開いてすぐに曲が鍵盤楽器で弾ける絵本なども作成できます。下のサンプルは「メリーさんの羊」の冒頭部分です。幼児のうちから「楽譜を読みながら弾く」ことを習慣づけるとともに、鍵盤イメージを無理なく養成できる教育的な効果の高い絵本となるでしょう。

サンプルダウンロード

 
 
 
印刷物以外にもインタラクティブなピアノ学習ソフトなど、PCやスマートフォンのアプリなどへの利用にも適しています。鍵盤位置を示す図形のデザインの自由度が高いので、狭い画面などにも容易にアジャストできるでしょう。
 
 
 

Scene 2

場面2…鍵盤文字および鍵盤コード図

対象:
フォント作成会社/ソングブックの制作・出版会社/音楽教材作成会社/絵本出版社など

nm楽譜は、ピアノ未経験者にも「直観的に鍵盤で押さえる位置がわかる図」として幅広く展開できます。

nm鍵盤文字

nm特許によって作成される鍵盤位置を示すnm鍵盤文字およびnm鍵盤文字フォントセットを構成することによって、ピアノの教則本や音楽の教科書などに、次のように鍵盤位置を簡単に読者に示すことができます。

読者は、本を読みながら音名に添えられたnm鍵盤文字によって、楽器の前にいなくても鍵盤楽器を弾くつもりで本を読み進めることでできるでしょう。
 
ピアノ教材としては、音符カードにnm鍵盤文字を併記したものなどは、初心者のお子様に喜ばれるだけでなく、大人からピアノを学習する人にピアノから離れていてもいつでも頭に鍵盤位置をインプットできるツールとなるでしょう。

nmコード図

ピアノをギターのように歌の伴奏に手軽に使いたい。 こんな願いを簡単にかなえるのがnmコード図です。

実際の鍵盤の模式図に打鍵位置を記したコード図に比べ、コードの全部の音をイメージとしてとらえることが簡単にでき、しかも記憶に残りやすくなります。

ソングブックの歌詞にコード名とともに、ギターのコードダイアグラムとともにnmコード図を添えると、ギターでもピアノでも手軽に伴奏ができるソングブックにすることができます。

また、ピアノ向けのコードの教則本や、ロックやジャズピアノの入門書などにも適しています。

Scene 3

場面 3 … nm 譜面

nm譜面はピアノが未経験な人にも、すぐに見て練習ができるピアノ譜面です。

ピアノの中級以上のピアノ学習者は、ピアノのないところでも鍵盤をイメージしながらnm譜面を読みながらテーブルの上で指を動かして練習することもできます。下の楽譜はショパンの英雄ポロネーズの冒頭部分を指番号で表したものです。

初心者から上級者まで、これまでよりも幅広い学習者をピアノの世界に呼び込むことができるでしょう。

また、従来の五線譜と併用することで、五線譜での読譜力を自分で身に付ける練習もできます。

サンプルダウンロード

また、nm譜面を切り取った図をクイズのコンテンツに応用することも可能です。

クロスワードパズルや詰将棋などのように読者に読み解く楽しさを与えるコンテンツを構成できます。

 
 
 

Scene 4

場面 4 … nm メソッド

nm譜面は、読み解く必要がないので脳に負担のない楽譜になっています。

学習者に鍵盤の地理を最初の段階から理解させるnm楽譜を使用したメソッドは、ピアノの入門者用だけでなく幅広くメソッドとして展開が可能です。

nm譜面によって脳にピアノの鍵盤をイメージしながらピアノを練習することは、脳の活性化を図れるだけでなく、これまでピアノを始めるのが無理だと思われていた人々にも広くピアノの楽しみを与えられる手段となります。

・3歳児のための入門メソッド
・ピアノに挫折した人向けのメソッド
・高齢者のためのメソッド
・学習障碍者のためのメソッド
・視覚障碍者のためのメソッド

などさまざまな層を対象にしたメソッド開発のためのノウハウも提供できます。
 
 

現在、nm譜面およびnmメソッドでのピアノ教育は、musiconation(ムジコネイション)で実践しています。
 
 

●nm譜面の特徴

  • 誰でもnm譜面を読みながらピアノを弾くことができる。
  • ピアノ経験や年齢など関係なく使える。
  • 譜面を覚えずに見ながらピアノを弾く楽しさが得られる
  • 五線譜のように調を考える必要がないので名曲にすぐに取り組める。
  • ピアノがないところでもnm譜面を見ながら鍵盤をイメージするだけで練習できる。
  •